ニュルブルクリンク最速|日産GT-Rのタイム7分08秒を出した動画

2013年9月30日にニュルブルクリンク北コースで日産GT-R nismoが、タイム7分08秒679を出しました。その記録を出した日産の公式動画がありますので、見てみようと思います。
動画の記録は2008年に出した7分29秒3より10秒以上短縮するタイムを出しています。



日産GT-Rタイムアタック7分08秒ニュルブルクリンク北コース

ドイツにあるニュルブルクリンク北コースで出したタイムは各ブランドやメーカーのイメージアップに繋がります。スポーツカーやスーパーカーの場合、最速である事が高性能の証明になります。

下の動画は日産GT-R nismoの高性能ぶりが見れます。タイムは7分08秒679
(日産の公式動画)Nürburgring in a Nissan GT-R NISMO

各メーカーが最速タイムを公表するのは、イメージアップや高性能を証明するのはもちろんですが、裕福な人に売るのも目的です。

私みたいに買えない人は最速より燃料1Lでどのくらいの距離を走るかの方が大事です。
ニュルブルクリンクでラップタイム上位を占めている車種は高額車ばかりで、お金持ちがターゲットです。購入できる人に最速タイムをアピールした方が買って貰えます。

日産GT-R nismo のスペック

ニュルブルクリンク北コースで7分08秒679を出したGT-Rですが、正確には2014年式GT-R NISMO N Attack Packageと少し長くなります。
このNISMO N Attack Packageのスペックを表にしました。

日産GT-R NISMO
N Attack Package
全長  4680
全幅  1895
全高  1370
車重  1720㎏
 排気量  3.8L V6
 過給  ツインターボ
 最高出力  600ps
最大トルク  66.5㎏m




ニュルブルクリンク最速タイムの定義は多い

記事を書いている現在(2016年4月)のニュルブルクリンク市販車で最速タイムはイタリアのパガーニ ゾンダRです。

しかし、定義を「市販車」ではなく「公道走行可」とすると、ゾンダRは最速タイムでは無くなります。パガーニ ゾンダRはサーキット走行専用車なので、公道は走れません。

公道を走行するには、安全基準を満たしナンバープレートを取得しなければ一般道路を走れません。「公道走行可」の定義で最速は、イギリスのラディカルSR8です。

日産GT-RNISMO N Attack Packageが最速となる定義は、「市販車」「公道走行可」「量販車」 と定めると最速になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です