後付けHIDは厳しくなった新基準の車検に通るのか

平成27年9月から車検時のヘッドライト検査基準が新しくなりました。特に後付けHIDは調整しても車検に通らない可能性があります。何も手を加えていないノーマル車でも光量が足りず車検に通らない車が出てくると思います。



新しい検査基準の方が運転状況にぴったり

今までは車検の時ヘッドライト検査はハイビームのみの検査をしていました。ロービームは検査しないので光軸がズレていても車検は通りました。

普段から多用するのはロービームなはずで、ハイビームを使う時は街灯の無い暗い道か、深夜ぐらいしか使いませんし、もちろん対向車があればロービームに切り替えます。

新しい検査基準が適用され、最も使用頻度が高いロービームを検査するので普段の使用状況に合っているという事になります。この検査方法によって今後は後付けHIDで故意に眩しくギラつく車が減っていくと思います。

重い荷物を積んでいたり後部席に人が乗車しているとリヤが沈んでライトが眩しい時がありますが運転手が悪い訳では無いので仕方ないでしょう。※オートでも手動でも光軸の高さ調整できない車種

ヘッドライトの検査はこんな感じという動画です(ヘッドライトテスターを造っている会社です)

この動画の検査する機械は、車検に通るか心配になるくらい性能が最新すぎです。

後付けHIDで車検対応は白色

HIDは明るいので光量は基準を満たすと思います。光の色は“白色”とされてますが検査する係員のさじ加減です。検査する人が「青白いからダメ」と言えばダメなのです。

検査で不合格になるHIDは激安中国製が多いのですが、安くても車検を考えて製造しているHIDもあります。車のパーツ専門に取り扱いしているお店なら粗悪品は少ないようです。

HIDに関する記事も書いてあります
後付けHIDの取り付けは調整が必須|まずはバーナーの発光点を確認する
【車のHIDキット】中国製は激安だけど買って損は無い理由
車のHIDを選ぶ時にケルビンとワットの表示しか無い理由

後付けHIDで車検を受ける時の注意点

車検の時に後付けHIDで注意する事を以下に記載します。

  • 光は白色か
  • 光軸のズレ
  • カットオフラインが分かるか
  • エルボー点が分かるか

まず色温度ですが、HIDで車検対応は6000K(ケルビン)までと言われています。実際には前記した通り検査する係員のさじ加減です。8000Kでも合格する場合がありますし6000Kでも不合格の場合があります。中国製HIDのケルビン数は当てにならない事もありますので、誰が見ても“白色”なら大丈夫です。

次に光軸のズレはある程度調整は可能です。調整できないのがカットオフとエルボー点です。

ヘッドライトの車検カットラインとエルボー点

どちらもボヤけたり判断が難しい場合は不合格となるか、従来通りハイビームで検査になるようです。指定工場ではロービーム検査しか認めないとの事です。

純正ライトでも汚れや変色が原因で車検に通らない

ヘッドライトが汚れている場合は洗えば良いのですが、磨きキズで曇っている場合や変色したり黄ばんだりしている場合、光量が足りず車検に通らない場合もあります。機械で測定するので基準以下だと間違い無く不合格です。以下に光量不足になる原因をまとめました。

  • ヘッドライトの黄ばみや曇り
  • 内部にある反射板の曇りや焼け
  • 電球やバーナーの劣化

一番上のヘッドライトの黄ばみや曇りは頑張って研磨すれば透明になります。真ん中の内部にある反射板の曇りや焼けはどうする事もできません。新品に交換すれば解決しますが純正品は高いのでヤフオクで見つけると安く済みます。

ヘッドライトの黄ばみ落としはコレ!

新しい検査基準に変更になった直後の話

平成27年9月1日より新基準になり車検不合格になる車が多く、各地の車検場が混雑したとありました。やはり今までとやり方が変わると車検を受ける人も検査する人もスムーズに行かなかったのかなと感じました。

車検が心配なら純正に戻す

明らかに車検に通らないようなHIDにしている方はともかく、車検に通りそうだけど心配な場合はおとなしく純正に戻すかPIAAの純正同等のハロゲンにした方が精神的に良いです。車検が無事終わったらまた付け直せば良いです。やはり明るいHIDは夜間の運転は安全です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です