【車のHIDキット】中国製は激安だけど買って損は無い理由





ヘッドライトが純正のハロゲンで、これをHIDにしたい場合は電球(バルブ)だけを交換しても点灯しません。電球と言わずHIDの場合バーナーと呼びます。バーナーやバラストなどがセットになっているHIDキットを買う必要があります。

そこで、色々調べたり考えたりしたので書いておきます。

信頼と安心の国産メーカーHIDキット

信頼性が高い国産メーカーのHIDを調べると凄く高い。この高額なお金を出してまで交換しようとは思えないのが正直な気持ちです。ですが、国産メーカーならではの信頼や安心のアフターサービス代と思えば良いのですが、信頼性を考慮しても高いです。

例えばPIAAのHIDキットだと車種によって値段は違いますが、安い物で7万円前後で高い物だと10万円超えます。それから同じく信頼性の良いBELLOF(ベロフ)はポルシェやBMWなどドイツ車が得意なメーカーで、やはり10万円越え。

このような値段が高い国産メーカーは車検の時も安心感がありますし万一、車が破損しても保証があります。安物の中国製だと光軸のズレやグレアが出れば車検は通りませんし、車が破損しても保証は無いでしょう。

HID関する記事のまとめ

後付けHIDキットおすすめ!手ごろ価格で品質の良いメーカー

後付けHIDは調整が必須|まずはバーナーの発光点を確認する

後付けHIDは厳しくなった新基準の車検に通るのか

車のHIDを選ぶ時にケルビンとワットの表示しか無い理由

激安すぎるHIDキット

楽天で探してると、激安なHIDキットが沢山ありました。購入者の評価やレビューを見ると意外と高評価だったので大丈夫だろうと感じました。数あるレビューの中には「片方が点灯しない」とか「バラストがダメだった」などのコメントが散見していて、やっぱり中国製だなと感じましたが「直ぐに代わりが届いた」など不良品の対応は良かったので、高評価で激安のHIDキットが数種類ありました。値段も3千円くらいから9千円ほど。ハロゲンバルブを買うのと変わらない価格でHIDにできるのは魅力です、

激安HIDキットでも大丈夫だった

楽天で☆が4っ以上で評価の高い激安HIDキットを購入しました。商品は直ぐに届いたので内容を確認した所、左右で形の違うバーナーが入っていました。中国製造品は品質検査や検品など一切していません。これでは車に取り付けできないので購入したお店にメールし、代わりのバーナーを送ってもらいました。

届いたHID違う

(写真)パッと見同じに見えますが、良く見ると違う部分がたくさん。中国製のHIDはこのような事が実際にあります。

返品はしてないので自宅にはバーナーが4っ。これは予備として保管しておきます。

取り付け前、試しに接続して点灯確認と空焚きをしました。問題無かったので、そのまま取り付け。取り付け後に光軸やグレアを確認しました。光軸は少し下気味でしたが調整可能。グレアは出ていないので問題無し。

激安HIDキット失敗しない選び方

最初に車に適合する規格を確認しましょう。H4やIH01、HBなどがあります。

小糸製作所 車種別電球適合表→ http://www.sp.koito.co.jp

楽天やAmazon.jpでも必ず商品に対するレビューや評価があるので確認します。面倒かもしれませんが全部読めば失敗しません。良い事悪い事全て書いてありますが、中でも初期不良だったと言うレビューが目に付きますが、その後のお店の対応も重要です。最低限、下記の3つをチェックすると間違い無いです。

  • レビューが多いか
  • 評価が高いか
  • 価格はどうか

それから、服や食品、電化製品など何でも販売しているお店より車関係を専門に販売しているお店が良いです。色々と調べて良さげなHIDキットを参考に記載しておきます。

まとめ

激安HIDキットは3千円から1万円くらいの価格が多いです。国産メーカーの

HIDキットを買う値段で10個以上買えます。10個もあれば不具合が9回有っても大丈夫です。実際には購入する時にレビューや評価を確認しているので粗悪品を買ってしまう確率は低いです。あとは心の準備として中国製なので初期不良品が届く事もあると思っていた方が良いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です