軽自動車の維持費で「そういえば」という忘れがちな維持費②





記事が長くなってしまったので続きその②です。

記事①で、誰もがスグに思い浮かぶ維持費を書いていますが、その他にも軽自動車を所有して維持する場合、細かい費用だったり数年に一度しか無かったりで忘れがちな維持費や出費をまとめてみました。

軽自動車の維持費で「そういえば」という忘れがちな維持費①

その時になって初めて「また出費が…」となる費用ですから参考になればと思います。

軽自動車の維持費忘れがちな費用

自動車の維持費で調べたり探したりしても以下に載せている項目は見当たりません。少し考えればスグに思いつく項目ですが、あえて記載したいと思います。

バッテリー

ヘッドライトやオーディオ等の点けっぱなしで一晩経つとバッテリーが上がってエンジンが始動しない時があります。JAFや近くのガソリンスタンドに頼むのが確実ですがタダでは無いので出費になります。バッテリー同士を繋ぐケーブルを所持していれば費用は掛からずにエンジンを回せます。

性能の良いバッテリーは万円を超えるので、不注意によるバッテリー上がりは寿命を縮めますからやはり出費になります。

ライトやランプの球切れ

ヘッドライトやブレーキランプの場合、片方の電球が切れると、しばらくしてもう片方も切れます。同じ電球ですから寿命も同じタイミングで尽きる事が多いです。

片方が球切れになったらもう片方も交換するのがベストです。

ワイパー

ワイパーも消耗品で、車検の時は拭き具合をチェックされます。車検前に劣化している場合は必ず交換になります。PIAAのワイパーで撥水(はっすい)効果のある物があり視界が良好でオススメです。

降雪地域に住んでいる方は雪用のワイパーを付けている場合が多いです。普通

のワイパーより値が張ります。

ウォッシャー液

これは地味に消耗します。マメに液量をチェックしないでいると使いたい時に空っぽで出ません。水道水を足して凌ぐのは良いですが水だけを入れて放って置くとカビが生えたり汚れたりで余計な出費になる事があります。寒い地域だと液が凍ってまったく出ない事もあります。最悪ポンプも破損する可能性もあります。

タイヤ代&脱着工賃

タイヤも消耗品で痛い出費になります。車に乗らなければ消耗しませんが経年劣化があるので減っていなくても数年で買い替えになります。

エンジンオイル&エレメント

エンジンオイルは車を使わなくても酸化するので定期交換した方が燃費とエンジンには良いです。軽自動車はオイルの量も少ないので普通車と比べ安く交換できるのが良いです。

一般的にエレメント(オイルフィルター)はオイル交換2回に1回の交換が基本です。

タイミングベルト交換

スズキの一部のエンジンはタイミングベルトではなくタイミングチェーンを採用している為、交換不要です。

ほとんどの方は走行距離が10万㎞行かない内に車を買い替える事が多くこの費用は掛かりません。同じ車種に長く乗り続けタイミングベルト交換となると痛い出費になります。この時にクーラントも交換する場合がほとんどです。ベルト交換費用は車屋さんや車種によって差がありますが安くて6万程で、高いと10万超えます。

キーレスのリモコン電池

キーレスの電池が無くなると車の鍵を開け閉めできなくなります。エンジンも掛からなくなるので電池を交換するまで運転できなくなります。

ブレーキパッド

ブレーキパッドも消耗品です。軽自動車は前輪のみ計4ヶの交換になります。

ほぼ全ての車種が後輪はドラムブレーキなので交換不要です。極わずかなスポーツ性の高い車種は4輪全てがディスクブレーキなので、計8ヶの交換です。

雪が積もる地域ならではの費用

雪の降らない地域と比べ、降雪地域は費用が掛かります。特に燃料費は雪が降れば降るほど比例して消費していきます。雪の上をタイヤが転がるのは抵抗でしかないですし、運転していても速度が出せないのでギヤがトップに入らず低いギヤでの走行になってしまいます。雪が積もる度この様な状態なので降雪時は特に燃料を消費してしまいます。

スタッドレスタイヤは無いと走れないので、皆さん必ず購入しています。どこのメーカーのタイヤでも1年目は効きます。ですので、国産スタッドレスの半額ほどで買える海外製スタッドレスを毎年買い替える方もいます。

スノーブラシを知らない方もいると思いますが、車に積もった雪を払いたり窓ガラスが凍った時にガリガリと落とす道具です。雪くらいは手でも落とせますが冷たいので誰もやりません。

雪道の運転のコツはこちらの記事にまとめています。

雪道の運転これが極意!東北在住だから知ってる安全に運転する対策やコツ

最後に

これまで、自動車を所有していれば必ず出費する維持費や費用を載せてきました。本人の不注意や運悪く出費になる事も多いかと思いますが、これらの費用は使用環境によって違ってきますので載せていません。修理代が高額になる出費はできれば避けたい事です。急な故障や不具合などは、タイミング良く保証期間が切れていない内になって欲しいのは言うまでもありません。

では、皆さん良いカーライフを。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です